北極よりも南極が寒い理由

北極よりも南極が寒い理由

 

南極と北極どっちが寒い?これは非常によく挙がる質問です。まず南極・北極どちらも、地球上で最も、【太陽高度が低い=太陽光線が当たりにくい=地表が暖まらない】場所ですから、かなり寒いことに変わりありません。

 

しかし寒さ比べをするのなら南極が圧勝です。これはもちろん南極のが寒いという意味です。南=暖かい、北=寒いという漠然としたイメージから、間違えてしまいがちですね。

 

誤解しないで欲しいのは、「南にいくと暖かくなる」というのは、あくまで日本のある北半球の常識ということです。正確には「日射量が多い赤道に近づくほど暖かくなる」んです。南極に近い、北極に近いというのは関係ありません。逆に南半球では北にいくほど暖かくなります。

 

南極の気温が低い理由

北極の気温は低くて−20〜30℃程度なのに対し、南極は−50〜60℃まで下がります。最低気温で見れば南極は−98℃、北極は−71℃で、20℃以上差があります。同じ極点でこれだけの差が生まれるのは、南極が持つ次のような要素に起因しています。

 

大陸であること

北極というのは海や氷が広がっているだけですが、南極は大陸です。土というのは水よりも冷えやすい性質を持つのです。内陸に近づくほど寒くなり、極点では真夏でも−10℃を下回ることがありません。(一方で海に近い海岸地帯は温暖で、夏なら平均気温0℃を下回ることがありません。)

 

標高が高いこと

南極は北極よりも標高が高いのも低温の一因です。北極の標高は10m程度ですが、南極は約2500mもあります。南極は陸地の98%を、厚さ平均1800mという分厚い氷の層(氷床)が覆っており、「高さ」が大幅に上乗せされているのです。登山の経験のある方はわかると思いますが、高くなるほど寒くなるのと同じで、より標高が高い南極が寒いのも当然なのです。

 

気圧差があること

他の大陸と繋がっている北極と違い、南極は周囲を大海に囲まれ孤立しています。その為南極の冷たい空気と、周囲の海上・陸上の温暖な空気の温度差が大きくなり、大きな気圧差が生まれます。周囲の発達した低気圧から生まれる強風帯に隔てられ、外部から温かい空気が入って来れないのです。

 

【1.北極と違い陸で出来ている/2.北極と違い標高が高い/3.北極と違い周囲との気圧差が大きい】、主にこの3つの理由で南極は北極よりはるかに寒い環境が保たれているのです。

トップへ戻る