南極上陸に必要な服装とは?

南極上陸に必要な服装とは?

南極上陸に必要な服装とは?

南極は平均気温−45℃の極寒地。東京の冬とは比べものにならない寒さです。さぞ重装備をしなければならないと身構えるかもしれません。

 

しかし一般人向けの南極観光ツアーというのは夏の沿岸地に限定されます。南極といっても海に近い沿岸地域は、夏には0℃を下回ることの方が珍しいんですよ。

 

だからそう身構えず北海道にスキー旅行にいくノリの服装でも問題ないのです。具体的には南極に旅行にいく人は以下のような装備・服装をしていきます。

 

頭部

帽子
体温は頭からもかなり奪われます。その為つばと耳当てがついた防寒性が高い帽子が必要です。

 

ネックウォーマー
冷たい空気から首回りを保護するものです。鼻の上まですっぽり覆うことができるものを選びましょう。

 

上半身

上半身インナー
体温を逃がさないものを選びましょう。

 

手袋
フリース製とポリエステル製の厚手の手袋が望ましいです。これらは保湿性が高く伸縮性もあり、寒地には最適です。

 

アウター・ジャケット
上半身を強固に守る防寒具です。これは貸し出してくれることが多いです。

 

下半身

ズボン
海岸付近で水しぶきに濡れることもありますし、周りは雪だらけですので、ズボンは防水性であることが必須です。

 

靴下
保湿力が高くて蒸れにくいものを選びましょう。

 

下半身インナー
下半身は最も冷えやすい場所ですから、体温を出来るだけ閉じ込めておく下半身インナーは必須です。

 

ゴム長靴
海岸に上陸する時に必ず濡れるので、水が染みこまないゴム長靴は必須です。

 

 

北海道旅行のノリでも大丈夫といいましたが、南極は急な悪天候もあり得るので、そういったものに耐えられる装備は必要です。ただ本当に必要なものは旅行代理店が用意していると思いますので、やはりそこまでハードな装備は必要ないのです。

トップへ戻る