北極にはなぜ大陸がない?2億年後、北極に大陸が形成?

北極にはなぜ大陸がない?2億年後、北極に大陸が形成?

北極にはなぜ大陸がない?2億年後、北極に大陸が形成?

北極とは北極点とその周辺の海域のことです。そして南極とは南極点と南極点が存在する大陸のことです。南極は陸地なのに対し、北極は海。これは南極と北極の違いを語る上での大前提となります。

 

北極にはなぜ大陸がないの?

大陸というのは、「プレートテクトニクス」という地表の運動で常に動いています。そのペースは人間の一生程度の時間ではわからないくらいゆっくりな変化ですが、何千万、何億という単位で見ればかなり大きな動きを見せているのです。

 

なので地球の歴史46億年の間に、北極に大陸があった時代もあれば、なかった時代もあります。今はたまたま北極に陸地は存在しない時代なのです。

 

遠い未来では北極に大陸ができる?

しかし近年の研究で、約2億年後の未来には、北極に大陸が形成される可能性が示唆されています。その大陸はアメイジア大陸と呼ばれ、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、アメリカ大陸、オーストラリア大陸の合体によって形成されると考えられています。

トップへ戻る