北極の生物記事一覧

北極および北極圏は緑豊かな大陸に周りを囲まれ、同じ極地の南極よりもはるかに動植物が住みやすい環境になっています。ここでは北極および北極圏の生態系の特色について述べたいと思います。陸上生態系北極圏の陸上生態系は、陸上動物の狩りや生活の足場となる海氷の存在に支えられています。その為近年の気候変動による気温上昇は、北極圏の生態系に大きなダメージを与えています。ホッキョクグマやホッキョクギツネ、トナカイな...

北極圏に生息するアザラシを紹介します。北極のアザラシは、南極のアザラシと比べ、ホッキョクグマ、ホッキョクギツネといった天敵が多く、タテゴトアザラシ銀白色の体毛で、背中の中央部から尾に向かって竪琴状の模様があるのでこの名前が付けられています。人間との関わりが深く、古くからエネルギー消費が激しい極寒地における貴重なタンパク源とされてきました。ズキンアザラシオスの成体は鼻が大きく発達しており、膨らませる...

ホッキョクギツネは、その名の通り北極圏に生息するキツネの仲間です。北極に生息する陸上肉食動物としては、ホッキョクグマに次ぐハンター勢力です。キツネと名は付いているものの、キツネと聞いて大抵の人がイメージするアカギツネとは、見た目でも生態でも大分異なる特徴を持ちます。生息地北極圏全域に生息しています。夏は海辺近くに拠点を置きますが、冬になり海が海氷に覆われると、拠点を山地や丘陵地帯に移します。形態体...

ホッキョククジラは北極圏およびその周辺海域に生息するクジラです。ヒゲクジラの中で唯一生涯を北極海およびその周辺で過ごし、北極を象徴するクジラとして知られています。形態体色は暗色をしています。ガッチリした体格をしており、平均的な大きさは全長18m程度、大きい個体は全長24mに達します。メスはオスよりも大きいです。ヒゲクジラの一種であり、顎には小魚やプランクトンなど小さな獲物をこしとる為に用いる髭板が...

ホッキョクグマは北極圏における陸上最大にして最強の肉食動物です。流氷水域や海岸付近に拠を置き、主にアザラシを捕食します。日本でも、国内で初めて人工哺育に成功したホッキョクグマのピースがテレビで話題になったこともあり、知名度・人気ともに高い動物です。ホッキョクグマは絶滅危惧U類このホッキョクグマですが、地球温暖化による気候変動で個体数が減っているといわれており、絶滅の危険性が指摘されています。200...

北極圏(北緯66度33分以北の地域)のような極度に寒冷な地域は、荒涼として植物なんてろくに生えていない不毛の大地、というイメージが強いかもしれません確かに太陽照射量が少ない北極圏の土地は、赤道直下など温暖な土地に比べ痩せています。しかしそんな厳しい気候環境にも適応できる植物はおり、あまり高くも太くもないながら樹木は群生していますし、小さいながら綺麗な花を咲かせる顕花植物も陸地を覆っているのです。白...

北極と南極は南北の極点ということもあり、気候・風土など色々なことで比較されますが、例えば生態系の違いなんかも比較されることが多い要素の1つですよね。北極というのは南極よりも温暖で、動植物の多い大陸に囲まれています。その為生物多様性という面なら、北極のほうが圧倒的に上です。しかし皆さんがよく知る動物で、過酷な気候条件の南極には生息するのに、北極にはいない動物がいます。それは動物園の人気者ペンギンです...

トップへ戻る