南極と北極の動物の違いは?

南極と北極の動物の違いは?

南極と北極の動物の違いは?

南極と北極に生息する生物にはどのような違いがあるのでしょうか。北極にしかいない動物、南極にしかいない動物をそれぞれ紹介したいと思います。

 

南極にいるけど北極にいない動物

南極にいるけど北極にいない動物というのはあまり多くありません。というのも南極は北極よりはるかに厳しい環境な上、他の大陸から孤立しているためです。ただペンギンは北極にはいません。

 

■南極にしかいない動物
ペンギン(コウテイペンギン・アデリーペンギン)、アザラシ(ヒョウアザラシ、カニクイアザラシ、ウェッデルアザラシ、ロスアザラシ、ミナミゾウアザラシ)、ナンキョクオットセイ等。

 

北極にいるけど南極にいない動物

北極にいるけど南極にいない動物というのはたくさんいます。北極は生態系が豊かな大陸と地続きなので、生物多様性は圧倒的に北極のがあります。

 

■北極にしかいない動物
ホッキョクグマ、ホッキョクギツネ、ホッキョククジラ、イッカク、シロイルカ、セイウチ、ジャコウウシ、トナカイ、ワモンアザラシ、その他多数。

トップへ戻る