南極関連の施設や組織記事一覧

南極という場所は、天文・気象・地質・生物あらゆる側面から学術的研究価値が高く、世界各国が観測隊を派遣し日々研究や実験を行っています。日本もそのうちの一国であり、日本が南極に派遣している観測隊は南極地域観測隊と呼ばれています。普通は略して南極観測隊と呼びます。南極観測隊の仕事内容観測員には大きくわけて、観測員の生活を支える「設営部門」と観測を行う「観測部門」の2つで構成されています。両者とも昭和基地...

南極は大変厳しい環境で、本来人が定住できるような環境ではありません。本土と周囲を取り巻く海は地球上最も厳しい気候環境であるがゆえ、これまで何人もの遭難者を出してきました。帝国南極横断探検隊20世紀初頭、イギリスが南極に派遣した探検隊の1つで、南極海にて22ヶ月間もの間遭難し生還したことで有名です。遭難している間、摂氏−37℃の極寒と、少ない食料の中、1人の命も落とすこともなかったというのだから驚き...

南極の昭和基地には、一年間駐在する越冬隊と夏季のみ駐在する夏隊が各30人ずついます。南極は東京とは比べものにならない厳しい気候環境なので、ここに1年間滞在するというのは大変なことです。特に越冬隊に関しては半年間太陽が昇らない極夜の冬も過ごさないといけないのですから、生活環境には何より気を使わなければなりません。隊員の生活を支える設営部門という部門には、医療・調理・通信・機械整備など様々な専門家が置...

南極観測船とは、南極への物資の補給や観測員の派遣、その他現地での様々な任務にあたる船のことです。南極という厳しい環境に耐えうる高度な性能が求められます。南極観測船の特徴具体的に南極観測船の大きな特徴としては、全て砕氷船であるということでしょう。砕氷船とは、水面の氷を割りながら進むことができる船のことで、南極や北極のような海氷だらけの海域に入る場合は必須です。通常の船より頑丈に作られており、砕氷の為...

トップへ戻る