南極の冬って何月?気温は何℃?

南極の冬って何月?気温は何℃?

南極の冬って何月?気温は何℃?

南半球と北半球の気温の傾向は真逆になります。よって南極における冬は、日本における初夏〜晩夏にあたる6月〜9月くらいまでです。日本で冬といえば、11月から3月くらいまでですが、この時期の南極は春・夏に相当します。

 

冬の気温は何度?

冬の南極は極寒で、内陸部の気温は−60℃まで下がります。比較的温かい沿岸部ですら気温が−40℃くらいまで下がるのです。

 

2018年6月には−94℃を記録!

2018年に、南極大陸内陸部の標高3800m付近で、気温マイナス94℃という超低温を記録しています。これほど超低温下では、人間は数回息をしただけで肺出血起こしてしまうので、防寒マスクなどまともな装備なしに外を出歩くのは自殺行為となります。もはや人が居て良い場所ではなく、一部の科学者からは「ほとんど別の惑星」と称されるほどです。

 

ソース:地球の最低気温を更新、−94℃、南極の高地−ナショナルジオグラフィック−

 

冬季に南極クルーズはなし

南極クルーズのパッケージツアーを出している会社はありますが、どこも夏季限定です。冬は上述した通り寒すぎるし、何より1日真っ暗なので観光には不向きなのです。南極旅行については【南極にも旅行できるの?】でも詳しく予算や条件など必要なことを解説しています。

トップへ戻る