南極大陸は世界最大の砂漠?降水量50mm!?雨が降らない理由は?

南極大陸は世界最大の砂漠?降水量50mm!?雨が降らない理由は?

南極大陸は世界最大の砂漠?降水量50mm!?雨が降らない理由は?

南極大陸というのは実は世界最大の砂漠地帯であることをご存じでしょうか。

 

砂漠というと、文字通り砂が地平線一帯まで広がっている地域というイメージが強いかもしれませんが、それだけが砂漠の姿ではありません。

 

砂漠はもともと「沙漠」と表記し、これは極端に降雨量が少ない乾燥した土地のことを指しています。

 

そして厳密な砂漠の定義は「年間降水量が250mm以下の地域」になので、この定義に照らし合わせば南極の年間降水量は…

 


  • 海岸付近⇒平均200mm
  • 大陸全体⇒平均166mm
  • 内陸部高所⇒平均50mm

 

という脅威の乾燥度合いとなるので、立派な砂漠に属するのです。

 

低温砂漠と高温砂漠

砂漠には大きくわけて低温砂漠高温砂漠があります。

 

南極のような氷雪気候の砂漠は低温砂漠に分類され、氷雪砂漠、極地砂漠、極寒砂漠、雪原砂漠などと呼ばれます。

 

サハラ砂漠やアラビア砂漠のように、砂漠と聞いて誰もが始めにイメージする砂だらけの砂漠は高温砂漠であり、砂砂漠とよびます。

 

南極では雨が降らない

ちなみに南極でいう「降水量」というのは、いわゆる雨のことではありません。南極のような極寒地では水が蒸発せず、飽和水蒸気量が極度に少ないので雨が降りません。

 

では何を持って「降水量」としているのかといえば、これはすなわち降った雪の量のことです。しかし「降雪量=降った雪の深さ」のことではなく、降った雪の量を同量の水が降ったものとして割り出されるものです。

 

大気には飽和水蒸気量=空気中に水蒸気が存在できる量というものがあり、この量を超えると液化し雨として降ってきます。飽和水蒸気量は気温が低いほど低くなり、南極は空気中に水蒸気がほとんど存在できないほど低温です。そしてもし低い飽和水蒸気量を超えて液化しても瞬時に凍るので、雨ではなく雪として降ってくるのです。

トップへ戻る