南極は夜がない?太陽が沈まない?【白夜の期間・時期】

南極は夜がない?太陽が沈まない?【白夜の期間・時期】

南極は夜がない?太陽が沈まない?【白夜の期間・時期】

南極は夜がない?太陽が沈まない?【白夜の期間・時期】

 

南極には一日中太陽が出ている日が続く時期、つまり夜がない日が続く時期があります。

 

太陽が沈まず、真夜中になっても薄明かりになっているような現象を白夜(びゃくや)といいます。

 

白夜の期間

南緯66.6度以南の地域(南極圏)で起こり、高緯度の地域ほどその日数は多くなります。

 

比較的低緯度な沿岸部にある昭和基地は一ヶ月半程度ですが、最も高緯度な南極点では約半年間も白夜が続くのです。

 

白夜の時期

白夜が起こる季節は現地における夏季です。南極点では9月に日の出を見たら、次の日の入りは3月になります。

 

白夜のシーズンに突入すると、南極周辺の海は常に太陽エネルギーを浴び続けることになるので、光合成し放題の植物プランクトンが劇的に増加します。

 

そしてそれを食べるオキアミなどの動物プランクトンも増加し、動物プランクトン目当てに外の海から魚類や渡り鳥、クジラなど様々な動物がやってきます。

 

白夜の逆の現象

逆に一日中太陽が出てこない日もあります。このような現象を極夜といいます。詳しくは【南極は一日中夜!?【極夜の期間・時期】】にて説明しますが、白夜と極夜は対の関係にあり、南極圏で白夜が起こっている時、北極圏では極夜が起こっています。

 

白夜が起こる原理をわかりやすく

このような不思議な現象は、地球の軸が傾いている為に起こります。

 

地球儀をテーブルの上において、自分に見立てた人形を南極に貼り付けてみてください。貼り付けたら部屋を暗くして、少し離れた位置から懐中電灯で照らしてください。

 

そして地球儀を回し自転を再現してみましょう。すると一日中日昼の部分と夜の部分ができていることがわかると思います。

 

今度は懐中電灯の周りを地球儀に回らせて、公転を再現してみましょう。北極圏と南極圏で白夜と極夜が入れ替わることがわかると思います。

トップへ戻る