謎が多い氷底湖「ボストーク湖」の最新情報まとめ

謎が多い氷底湖「ボストーク湖」の最新情報まとめ

謎が多い氷底湖「ボストーク湖」の最新情報まとめ

ボストーク湖は南極大陸の氷河の下にある湖です。位置が位置だけにまだまだ謎の多い湖です。ここではボストーク湖の最新情報をまとめます。

 

ボストーク湖の最新情報一覧

■位置
南緯77度、東経105度地点の氷床下約4kmにあります。ロシアのボストーク基地に近い場所です。

 

■広さ
幅は最も広い場所で約40km、長さは250kmあります。

 

■水深
この湖は二つの盆地で構成されており、深い場所が二つあります。1つが水深約400m、もう1つが約800mあります。

 

■総面積
1万4,000 平方キロメートルで、琵琶湖の20倍以上の面積があります。

 

■総貯水量
ボストーク湖の水は淡水と推測されており、5,400 立方キロメートルの貯水量があります。

 

■平均水温
−3℃です。淡水は通常0度で氷結しますが、氷の重さによる高圧で液体を保っています。

 

■生物
あまりに深度が深いので、調査不足故、具体的にどのような生物がいるのかわかっていません。ただ同じ南極のロス棚氷の厚さ700mの氷の下で小さな魚が発見されたことですし、同じような生物がいても不思議はありません。

 

ソース:南極の厚さ700mの氷の下にすむ半透明の魚を発見

 

「ロシアの調査隊がこの湖で謎の巨大タコを発見し調査員が犠牲になった」みたいなニュースがありましたが、信憑性は薄いようです。政府は否定しており、もし本当ならこんな大発見隠す意味はなさそうです。ボストーク湖の調査は一国が独占できるものではなく、本当なら他の国が気がづくのも時間の問題だからです。

トップへ戻る