南極氷山が溶けると海水面◯◯m上昇!?日本への影響は?

南極氷山が溶けると海水面◯◯m上昇!?日本への影響は?

南極氷山全溶けで海水面◯◯m上昇!日本への影響は?

南極は氷の大陸です。

 

陸地の98%を厚さ平均1800mの氷床が覆っているのです。

 

世界に存在する真水の70%、氷の90%が南極にあるといわれています。

 

この膨大な量の氷が全て溶けると、海面が60m上昇するなんていわれています。

 

日本沈没??

日本の平均標高は390mですが、沿岸部を中心に国土の30%は沈むといわれています。

 

日本沈没とまではいかないものの、人口は標高の低い沿岸部に集中していますので、たった60mでも大災害になりますね。

 

過去の海面上昇

ちなみに氷河の鎔解による海水面上昇というのはすでに過去に起こっています。

 

氷河期に比べ現在は120mも海水面が高くなっており、これは温暖化で世界中の氷河が溶けた為です。

 

いまだ大規模な氷河が残っているのは、南極とグリーンランドくらいなんですね。

 

北極の氷が溶けてお同じ?

ちなみに北極の氷の場合、溶けても海面が上昇することはありません。

 

というのも北極の氷というのは海水が凍って海上に浮いているものなので、これが溶けても海の体積に変動はないのです。

 

氷を入れたコップの氷が溶けても水が溢れないのと同じです。

 

海水面の高さに影響するのは南極大陸にあるような陸氷のみです。

トップへ戻る