南極でも地震は起こるの?

南極は地球にある大陸の中で、比較的地震が少ない場所です。

 

全く起こらないことはないのですが、過去マグニチュード5以上の地震が発生したことはありません。

 

南極横断山地の西半球側では数年に1度ほどの頻度でマグニチュード4程度の地震が起こります。

 

なぜ南極は地震が起きにくいのでしょうか。

 

南極プレートが安定している

そもそも地震とは主にプレートテクトニクスの運動によって起こるものです。

 

南極圏には「南極プレート」というプレートが広がっているのですが、このプレートは大変安定しており大きな地震になりにくいのです。

 

南極は火山性地震が多い

南極では活火山が4つ確認されています。【関連記事:南極にも火山があるって本当!?噴火など火山活動の実態とは

 

南極で起こる地震といえば、地下でのマグマの移動などの火山活動によって起こる「火山性地震」が多いです。

 

火山性の地震は本震のみで余震や前震がないのが特徴です。

トップへ戻る